簡単!ドライフルーツティーの作り方

イギリスの紅茶時間とは?1日に8回もあるティータイムを紹介!

紅茶の入れ方
【PR】当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

イギリスではアフタヌーンティー以外に、1日8回のティータイムがあることを知っていますか?

日本でも最近は”ヌン活”と呼ばれる、アフタヌーンティーを楽しむ文化が広まっていますよね。

そこで紅茶ファンブログ【あっさむ】では、イギリスの紅茶時間を8種類に分けて紹介します。

朝昼夜の時間帯によって、それぞれの名前が付いているので、詳しくみていきましょう。

イギリスの紅茶時間とは?

紅茶の本場「イギリス」では、なんと1日に8回もティータイムがあるのです。

時間帯ごとにそれぞれ名称が決まっており、紅茶の飲み方や食事の内容が変わります。

イギリスの紅茶時間は、朝昼夜3区分で8種類ある。ヌン活でおなじみのアフタヌーンティーは、その一部。

イギリスの紅茶時間「朝」:2種類

まずはイギリスの紅茶時間において、朝から楽しめるティータイムを2種類紹介します。

イギリスの紅茶時間【朝】
  • アーリーモーニングティー
  • ブレックファストティー

アーリーモーニングティー(Early Morning Tea)

「アーリーモーニングティー」とは、朝起きてすぐにベッドで飲む紅茶のことです。

先に家を出る夫が妻のためにベッドに置いていくことから、別名”ベッドティー”と呼ばれます。

イギリスの紅茶時間【朝】起きてすぐ飲む紅茶をアーリーモーニングティーという。

朝食前に温かい紅茶でリラックスできるなんて、イギリスらしい素敵な文化ですよね。

ストレートティーは胃を刺激することがあるため、ミルクを入れて飲むことが多いですよ。

ブレックファストティー(Breakfast Tea)

「ブレックファストティー」は、午前8時ごろに朝食と一緒に楽しむ紅茶を意味します。

朝の目覚めをスッキリさせるため、使う茶葉はアッサムディンブラなど濃い品種が多いです。

イギリスの紅茶時間【朝】朝食と一緒に飲む紅茶をブレックファストティーといいます。

日本にも”イングリッシュブレックファスト”と名前の付く紅茶が、たくさん売っていますよね。

meowbowは特に英国ブランドアーマッドティーの商品が好きで、よく飲んでいますよー。

イギリスの紅茶時間「昼」:3種類

続いては昼の時間帯に飲まれる、イギリス伝統のティータイムを3種類紹介します。

イギリスの紅茶時間【昼】
  • イレブンジズ
  • ミッディティー
  • アフタヌーンティー

イレブンジズ(Elevenses)

「イレブンジズ」は昼食の少し前、午前11時にとるティータイムのこと

朝から仕事をして少し疲れを感じる時間に、ちょっとしたお菓子や紅茶を囲んで一息します。

イギリスの紅茶時間【昼】11時頃に軽食と紅茶を楽しむことをイレブンジズという。

茶葉は気分転換ができるような、香りの良いアールグレイキームンがオススメです。

meowbow
meowbow

休憩が上手く取れると、午後からの仕事もはかどりそう。

ミッディティー(Mid-Tea)

「ミッディティー」とは、午後3時頃に行われるティータイムを意味します。

昼食と夕食の間に取ることが一般的で、軽いおやつとともに淡い紅茶が楽しまれます。

アフタヌーンティーよりもカジュアルな、3時のおやつ感覚で楽しめる気軽なティータイム。

アフタヌーンティー(Afternoon Tea)

「アフタヌーンティー」は、午後4時頃に食べる軽食と紅茶のセットをいいます。

サンドイッチやスコーン、ケーキなどが用意され、優雅なひとときを楽しめるところが魅力。

イギリスの紅茶時間【昼】朝食と夕食の間に取る優雅なティータイムをアフタヌーンティーと呼ぶ。普段は豪華ではないものもある。

イギリスにおいても上記のような豪華なセットは、ホテルなどで食べられる特別なものです。

普段は焼き菓子と紅茶を一緒に飲むことが多く、”午後のお茶会”という意味で用いられます。

スコーンの食べ方やマナーは「英国スコーンの美味しい食べ方!2種類の方式と相性の良い紅茶」にて詳しく解説しています。

イギリスの紅茶時間「夜」:3種類

イギリスではさらに夜の時間帯にも、3種類のティータイムがあります。

イギリスの紅茶時間【夜】
  • ハイティー
  • アフターディナーティー
  • ナイトティー

ハイティー(High Tea)

「ハイティー」とは、午後18時頃の軽い夕食を兼ねたティータイムのことです。

イギリスの紅茶時間【夜】お肉と一緒に紅茶を楽しむハイティーという文化もある。

ハイは高い(High)という意味ではなく、ハイバックチェアー(背の高い椅子)で食事をとったことが起源と言われています。

お肉などのメイン料理が楽しめるため、しっかりとご飯を食べたい方にも向いています。

アフターディナーティー(After-Dinner Tea)

「アフターディナーティー」は、その名の通り夕食後に楽しむ紅茶時間です。

薄暗い部屋でシックな雰囲気を演出しながら、優雅に紅茶やお酒を飲む大人のティータイム。

紅茶を選ぶときはダージリンアッサムなど、ゆったりと味わえる品種がオススメです。

ナイトティー(Night Tea)

「ナイトティー」は、寝る前のくつろぎの時間に飲む紅茶を指します。

そのためカフェインが少ないデカフェ紅茶や、ハーブティーが好まれることが多いです。

イギリスの紅茶時間【夜】寝る前にはデカフェ紅茶を飲んでまったりするナイトティーも良い。

アーマッドティーのデカフェフルーツセレクションなら、4種類あるので飽きずに楽しめますよ。

まとめ:イギリスの紅茶時間は1日に8回ある!好きな時間に楽しんで!

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、イギリスの紅茶時間を8種類紹介しました。

ティータイムが1日に8回もあるなんて、紅茶の歴史が深いイギリスならではの文化ですよね。

仕事の休憩時や夕食後に美味しい紅茶を用意して、贅沢な時間を過ごしたいものです。

オススメの紅茶ブランドは、「紅茶アドバイザーmeowbowがオススメする「紅茶ブランド」8選!」をご覧ください。

【オススメの紅茶】

紅茶ファンブログ【あっさむ】は、にほんブログ村のランキングに参加しています。

応援のためポチっとしてもらえると、とってもうれしいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました