簡単!ドライフルーツティーの作り方

ティープレスを使った紅茶の入れ方!メリット&デメリットも解説

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、ティープレスを使った紅茶の入れ方を紹介しています。 紅茶の入れ方
【PR】当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

”ティープレス”といえば、スタイリッシュでかっこいい見た目の紅茶道具ですよね。

しかし「興味はあるけど、どうやって紅茶を入れたら良いのだろう」と、使い方に悩むことも。

そこで紅茶ファンブログ【あっさむ】では、ティープレスを使った紅茶の入れ方を説明します。

さっそく準備するものや入れ方の手順について、詳しくみていきましょう。

ティープレスとは?

ティープレス(Tea Press)とは、紅茶を入れるための道具のことをいいます。

もともとはコーヒー用の器具だったのですが、最近では紅茶に使われることが主流です。

ティープレスは、紅茶を入れるための道具のこと。

中でもmeowbowが愛用しているのは、HARIO(ハリオ) の「ハリオール・ブライト」

ステンレス製でさびにくく、ガラスの透明度が高いため、見た目も美しいところが好きです。

それではさっそく、ティープレスを使った紅茶の入れ方を紹介していきましょう。

ティープレスを使った紅茶の入れ方:【準備】

まずはティープレスで紅茶を入れるために、必要な道具や材料を説明します。

1人前の紅茶を入れる時の材料
  • ティープレス…1個
  • ティーカップ…1個
  • 紅茶の茶葉…3g(ティースプーン1杯分)
  • 熱湯…150ml
meowbow
meowbow

お湯は多めに沸かしておくと、後からティープレスを温める際に役立ちますよ。

ティープレスを使った紅茶の入れ方:5ステップ!

ティープレスを使った紅茶の入れ方を、5ステップで解説していきます。

ティープレスを使った紅茶の入れ方
  1. ティープレスなどの茶器を温める
  2. 紅茶の茶葉をティープレスに入れる
  3. 熱湯を高いところから、勢いよく注ぐ
  4. フタをして、茶葉を3分ほど蒸らす
  5. ゆっくりとフィルターを押し下げる

①ティープレスなどの茶器を温める

まずは先ほど用意した、ティープレスやティーカップなどの茶器を熱湯で温めます。

方法は沸騰したお湯をそれぞれの器に入れて1分程度置き、お湯を捨てたら準備OKです。

ティープレスで紅茶を入れるときは、まず茶器を熱湯で温めておくことが大切。

②紅茶の茶葉をティープレスに入れる

続いて紅茶の茶葉をティースプーン1杯分すくい、ティープレスの中に入れます。

ティースプーンとは、コーヒースプーンより一回り大きなスプーンのこと。

茶葉の計量が簡単にできるので、1つ持っておくと紅茶を入れるときに便利ですよ。

③熱湯を高いところから、勢いよく注ぐ

茶葉が入ったティープレスに、沸かしたばかりの熱湯を注いでいきます。

このときのポイントは、高いところから茶葉にかかるように熱湯を注ぐところ

そうすることで茶葉の上下運動(ジャンピング)が起き、紅茶の味わいが豊かになります。

お湯はくみたての水道水をケトルで沸かせばOK。

紅茶のお湯には水道水をケトルで沸かせば良いので、やけどに気をつけてくださいね。

④フタをして、茶葉を3分ほど蒸らす

ティープレスのフタを軽く乗せて、茶葉を3分ほど蒸らしていきましょう。

このときフィルターはまだ上部に置いておき、押し下げないことが重要です。

お湯を注いだ後は、フタをして茶葉を蒸らします。シャフトの部分は上に位置したままにしてくださいね。

ガラスの内部に空間があることによって、茶葉が上下へと自由に動くことができます。

⑤ゆっくりとフィルターを押し下げる

時間が経ったら、ティープレスのフィルターを押し下げていきます。

あまり早く下ろすと茶葉が逃げてしまうので、ゆっくりと扱うことがポイント

ティーカップに紅茶を注いだら、ティープレスで入れる紅茶の完成です。

ティープレスで入れる、美味しい紅茶の完成です。

数杯分の紅茶を入れる時は、2~3回に分けて注ぐと味が均等になりますよ。

ここまではティープレスで、美味しい紅茶を入れる方法を紹介してきました。

次の章ではティープレスを使うデメリットとメリットについて、みていきましょう。

ティープレスで紅茶を入れる「デメリット」

ティープレスで紅茶を入れる時のデメリットは、下記の2つがあります。

  1. フィルターに茶葉が詰まりやすい
  2. 食器棚の場所を取りやすい

ティープレスを使って感じるデメリットは、部品の間に茶葉が詰まりやすいところです。

特にフィルター部分はステンレスとメッシュの3層構造なので、洗うときに手間がかかります。

ティープレスで紅茶を入れるデメリットは、茶葉が部品に詰まると洗いにくいところ。

またシャフトと呼ばれる棒が伸びていると、食器棚の中で少し場所を取りやすいのも難点。

続いてはティープレスで紅茶を入れるメリットについても、みていきましょう。

ティープレスで紅茶を入れる「メリット」

ティープレスで紅茶を入れる時のメリットは、こちらの2つがあります。

  1. 茶葉の上下運動(ジャンピング)が楽しめる
  2. 見た目がおしゃれで来客用にぴったり!

ティープレスのメリットは、ガラス越しに茶葉が悠々とジャンピングする姿を見られるところ

meowbowはいつもこの瞬間に、「ティープレスを使っていてよかったな」と幸せを感じます。

ティープレスで紅茶を入れるメリットは、ガラス越しに茶葉が上下する様子を見られるところです。

またティープレスは見た目がおしゃれでスタイリッシュなので、来客用にも便利です。

取っ手があるため部屋で持ち運べますし、「かっこいい!」と言ってもらえることもあります。

まとめ:ティープレスなら茶こし要らずで、簡単に美味しい紅茶が入る!

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、ティープレスを使った紅茶の入れ方を紹介しました。

ティープレスは見た目のかっこよさと、茶葉の観察ができるところが魅力的な紅茶の道具です。

600ml入る商品なら4杯分の紅茶が一度に入れられるので、とっても便利ですよ。

記事を読んで興味を持ってくれた方は、下記のリンクより詳細をチェックしてくださいね。

その他の紅茶道具は、「美味しい紅茶に必要な5つの道具!ティーグッズの選び方も解説」にて解説中です。

【人気記事一覧】 ー紅茶の入れ方ー

紅茶ファンブログ【あっさむ】は、にほんブログ村のランキングに参加しています。

応援のためポチっとしてもらえると、とってもうれしいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました