Amazonプライムデー!先行セール開催中!7/11(木)から

紅茶におけるカフェイン含有量はどれくらい?1日の摂取目安は?

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、紅茶のカフェイン含有量について解説しています。 紅茶の種類
【PR】当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

「紅茶にはどれくらいのカフェインが入っているのかな」と、思ったことはありませんか?

カフェインには嬉しい効果がある一方、副作用もあるため適切な量が気になりますよね。

そこで紅茶ファンブログ【あっさむ】では、紅茶のカフェイン含有量を解説します。

また1日における摂取量の目安も載せているので、妊娠や授乳中の方はぜひご覧ください。

紅茶のカフェイン含有量は1杯(200ml)あたり約60mg!

一般的には、紅茶1杯(約200ml)あたり約60mgのカフェインが含まれています。

これは、同じ量のコーヒーに含まれるカフェイン(約120mg)と比べると約半分です。

紅茶のカフェインは1杯(200ml))あたり約60mg。コーヒーの半分の量です。

つまりコーヒー1杯分に対して、紅茶は2杯楽しめるので、ファンには嬉しい数字となります。

出典:「日本食品標準成分表2020(八訂)

しかし「1日何杯までなら飲んでもいいの?」と、心配になる方もいますよね。

そこで次の章では紅茶のカフェインについて、目安となる量を確認していきましょう。

紅茶のカフェイン摂取量は1日400mg以下、6杯までを目安に

適度なカフェイン摂取は健康に対して安全とされていますが、過剰摂取は避けるべき。

例えば健康的な成人なら、1日あたりのカフェイン摂取量は400mg以下が推奨されています。

紅茶のカフェイン量は、1日あたり400mg以下を目安にしましょう。

また妊娠や授乳中の女性、カフェインに敏感な人は、摂取量を減らすことが望ましいです。

≪カフェイン摂取量の目安/1日≫

最大摂取量1日※紅茶換算基準
健康的な成人400mg以下約6杯欧州食品安全機関(EFSA)
妊娠中の女性200mg~300mg以下約4杯欧州食品安全機関(EFSA)/世界保健機関(WHO)
授乳中の女性200mg以下約3杯欧州食品安全機関(EFSA)
※紅茶1杯(200ml)のカフェイン含有量を60mgとした場合 / 出典:食品安全委員会「ファクトシート」より換算

ちなみにカフェインは紅茶の他に、緑茶やコーヒー、コーラなどにも含まれています。

1日の中で他の飲料を摂取することを考えると、紅茶は1日3杯程度が安心です。

紅茶のカフェインによる影響や作用とは?

続いてはカフェインの摂取による、デメリットやメリットをみていきましょう。

メリットとデメリットを紹介!

過剰摂取によるデメリット

まずカフェインの過剰摂取によるデメリットは、下記の3点があります。

  1. 不眠症:カフェインは覚醒作用が強く、就寝前に取ると眠れなくなる。
  2. 依存性:長期間の過剰摂取は、カフェイン依存症を引き起こす可能性が高まる。
  3. 副作用:心拍数の増加や不安感、胃の不快感などの副作用が生じることがある。

出典:食品に含まれるカフェインの過剰摂取について

そのため寝る前はカフェインを含まない、ハーブティーやルイボスティーを飲みましょう。

適量を摂取することのメリット

一方でカフェインは適量を摂取することにより、頭が冴え眠気を覚ます効果があります。

カフェインには、目覚めをすっきりさせる効果があります。

また他にもカフェインを摂るメリットは、下記の2点が代表的です。

  1. 覚醒作用:中枢神経系を刺激し、眠気を軽減し、集中力を高める効果。
  2. 利尿作用:腎臓の働きを活発にし、尿の排出を促進する。

出典:「もっとおいしい紅茶を飲みたい人へ/田中 哲 著」

さらにカフェインに対する感受性は個人差が大きいため、上手に付き合うことも大切です。

紅茶によるカフェイン摂取量を減らす方法

また「紅茶によるカフェイン摂取量を減らす方法はあるの?」と思う方もいますよね。

そこで【あっさむ】では、すぐにできる2種類の方法を紹介します。

  1. 水出し紅茶を作る
  2. デカフェ紅茶を活用する

1.水出し紅茶を作る

まずカフェイン摂取量を減らしたい方には、水出し紅茶(アイスティー)がオススメ。

オススメが水出し紅茶(アイスティー)です。

水からゆっくりと淹れるアイスティーは、一般的にカフェインが出にくいと言われています。

ちなみに作り方はボトルに茶葉を入れて、冷蔵庫で寝かすだけなのでとっても簡単ですよ。

詳しくは「水出し紅茶の作り方とは?ティーバッグ茶葉とボトルで簡単に!」をどうぞ。

2.デカフェ紅茶を活用する

また紅茶の茶葉からカフェインを抜いた、デカフェ紅茶を活用するのも有効な方法です。

できれば薬品ではなく、二酸化炭素でカフェインを取り除いた商品を選ぶようにしましょう。

例えばアーマッドティーのデカフェ紅茶なら、果実の香りがあって飲みやすいですよ。

まとめ:紅茶のカフェイン含有量を知って、ちょうどいいを楽しもう!

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、紅茶に含まれるカフェインについて解説しました。

そこで記事の内容を簡単にまとめると、以下の通りになります。

  • 1杯の紅茶(200ml)には、約60mgのカフェインが含まれている。
  • 1日における摂取量の目安は、「3杯程度」がオススメ。

カフェインは適度に摂ることで、リフレッシュや集中力向上に役立ちます。

しかし過剰摂取は健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、適切な量を守って楽しみましょう。

また紅茶の種類については、「紅茶の種類とは?茶葉の名前やオススメの飲み方を詳しく紹介!」をご覧ください。

【人気記事一覧】 ー紅茶の種類ー

紅茶ファンブログ【あっさむ】は、にほんブログ村のランキングに参加しています。

応援のためポチっとしてもらえると、とってもうれしいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました