ホワイトデーのお返しに!オススメ紅茶はこちら!

美味しいミルクティーの入れ方!ミルクは先派?それとも後派!?

紅茶の入れ方
【PR】当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

「美味しいミルクティーが、家でも簡単に飲めたら嬉しいな」と思っている方はいませんか?

自宅でミルクティーを入れると、「ちょっとコクが足りない」と感じることもありますよね。

そこで紅茶ファンブログ【あっさむ】では、美味しいミルクティーのいれ方を紹介します。

濃厚なミルクティーを入れるコツは、茶葉の量を1杯分多く入れることやミルクを注ぐタイミングに!

早速、具体的なミルクティーの入れ方を詳しくみていきましょう。

美味しいミルクティーのいれ方:5つの手順で紹介!

自宅でも簡単にできる美味しいミルクティーをいれ方を、5つの手順に分けて紹介します。

美味しいミルクティーの入れ方
ミルクティーのいれ方
  1. ティーポットとカップを温める
  2. 茶葉の量を+1杯多く入れる
  3. 紅茶の蒸らし時間を守る
  4. ティーカップに紅茶を注ぐ
  5. 紅茶にミルクを注ぐ

①ティーポットとカップを温める

まずはティーポットとティーカップを用意して、熱湯を注ぎ1分ほどそのままにして温めます

ティーポットは丸型の陶器製のもの、ティーカップは内側が白色のものがオススメです。

ティーポットとティーカップは、白い陶器製がオススメ。

紅茶を入れるために必要な道具は、「美味しい紅茶に必要な5つの道具!ティーグッズの選び方も解説」にてまとめています。

②茶葉の量を+1杯多く入れる

続いて紅茶の茶葉をティースプーンですくって、ティーポットにいれていきます。

濃厚で美味しいミルクティーを入れるコツは、+1杯分多くの茶葉をいれることです。

ティースプーンで茶葉の量を説明。ミルクティーは1杯多く茶葉を使うと、濃厚で美味しくなる。

茶葉が少ないと味が薄いミルクティーになってしまうので、贅沢にたっぷりと使いましょう。

③紅茶の蒸らし時間を守る

100℃に沸騰したお湯をティーポットに注ぎ、フタをして紅茶を蒸らします。

しっかりと蒸らすことで茶葉が開くため、紅茶本来の味を最大限に引き出すことができますよ。

砂時計やキッチンタイマーを使いながら、蒸らし時間を正確に計ることも美味しくいれるコツ。

砂時計やタイマーで、茶葉の蒸らし時間を正確に計ろう。

紅茶の蒸らし時間の目安は、ティーバッグなら2~3分が目安となります。

商品パッケージに掲載してあることが多いので、確認してみて下さいね。

meowbow
meowbow

15種類の紅茶から蒸らし時間を調べたところ、平均は2.3分という結果に。

詳しくは、「ティーバッグ紅茶の蒸らし時間は3分って本当?15種類の紅茶から調べてみた!」をご覧ください。

④ティーカップに紅茶を注ぐ

蒸らし時間が経過したら、ティーポットからティーカップに紅茶を入れます。

紅茶は多めにいれる方が美味しく見えるので、たっぷりと8分目あたりまで注ぎましょう。

紅茶は8分目を目安に、たっぷり注ぐと美味しそうに見える。

⑤紅茶にミルクを注ぐ

紅茶を注いだティーカップに、冷たいミルク(牛乳)を入れて仕上げます。

ミルクの温度は、常温もしくは冷たいまま使いましょう。

そうすることで特有の牛乳臭さがでにくくなり、紅茶と調和しやすくなりますよ。

5つの手順を経て、濃厚でコクのある「美味しいミルクティー」が完成しました!

濃厚で美味しいミルクティーの完成

紅茶にはどんな入れ方にも共通する、”ゴールデンルール”があることを知っていますか?

詳しくは「紅茶のゴールデンルールとは?美味しい紅茶を入れるために知りたい5つのこと!」にて、解説しています。

meowbowもこの5つのコツを学んだことで、安定して美味しい紅茶が入れられるようになりました。

ミルクティーの「ミルク」をいれるタイミングは2種類ある!?

ミルクティーのミルクを注ぐタイミングは、実は2つの方法があるのです。

先ほどの入れ方ように、後からミルクをいれることを「ミルク・イン・アフター」といいます。

他にも「ミルク・イン・ファースト」という方法があるので、説明していきます。

2種類のミルクのいれ方
  1. ミルク・イン・アフター
  2. ミルク・イン・ファースト

①ミルク・イン・アフター

「ミルク・イン・アフター」とは、紅茶をいれた後にミルクを注ぐ方法です。

ミルクをいれる量が加減できるので、味の調整がしやすいというメリットがあります。

ミルク・イン・アフターの説明

②ミルク・イン・ファースト

また「ミルク・イン・ファースト」とは、先にミルクを注いでから紅茶をいれる方法をいいます。

紅茶の熱でミルクが温められるので、よりまろやかな味わいになることが特徴です。

ミルク・イン・ファーストの説明

meowbowはどちらかというと、ミルク・イン・ファースト派です。

先にミルクを注いだ方が全体的に味がまろやかになり、美味しいミルクティーになるからです。

同じ材料でもいれるタイミングによって味わいが変わるので、飲み比べをするのも楽しいですよー。

美味しいミルクティーを入れるために、オススメの3種類の紅茶はコレ!

美味しいミルクティー入れるためには、濃厚な味と水色が赤褐色の紅茶がオススメ。

中でも下記の3種類はミルクティーに向いている、代表的な紅茶です。

ミルクティーに合う紅茶
  • アッサム
  • ルフナ
  • イングリッシュブレックファスト

さらに多くの種類が知りたい方は「ミルクティーにはどんな紅茶がオススメ!?定番の5種類を紹介」をご覧ください。

アッサム

アッサム」は、インドのアッサム地方で採れる有名な紅茶です。

濃厚な味わいとほのかに甘い香りが特徴なので、ミルクティーにピッタリ。

水色が濃い赤褐色をしているため、ミルクの白さに負けない”美しい色のミルクティー”が楽しめます。

アッサム紅茶で入れるミルクティー

アッサムについては「アッサムとは?インドで採れるミルクティーと相性抜群の紅茶」にて紹介しています。

ルフナ

「ルフナ」は、紅茶生産国スリランカ(旧国名はセイロン)の南部で採れる紅茶のこと。

渋みが少なくまろやかで飲みやすい味わいが、中東方面で特に人気となっている品種です。

セイロンのルフナ紅茶のミルクティー

特有のあっさりとした甘みと濃い赤褐色の水色が、ミルクティーによく合います。

詳しくは「セイロンティーの「ルフナ」ってどんな紅茶?さっぱり味でミルクティーに最適!」をご覧ください。

イングリッシュブレックファスト

朝食に合う濃い目の紅茶、イングリッシュブレックファストもオススメです。

数種類の紅茶を組み合わせたブレンドティーなので、買いやすく商品も豊富に販売されていますよ。

イングリッシュブレックファストもミルクティーにオススメの紅茶。

詳しくは「イングリッシュブレックファストとは?朝食向きのブレンドティー」にて紹介しています。

まとめ:美味しいミルクティーを濃い目の紅茶で作って、素敵なティータイムを過ごそう!

美味しいミルクティーの入れ方と、ミルクを加えるタイミングについて紹介しました。

茶葉を多めに入れて茶器を温めておくだけで、家でも手軽に美味しいミルクティーが楽しめます。

お友達を自宅に招いてお菓子を食べながら、ゆったりと充実したティータイムを過ごしてくださいね。

ミルクティーに合うお菓子は「アッサム紅茶のミルクティーに合うお菓子とは?美味しく入れるコツも紹介!」をご覧ください。

他の紅茶のいれ方は、「【紅茶の入れ方】ストレートやミルク、レモンなど5種類を紹介!」をどうぞ。

【人気記事一覧】 ー紅茶の入れ方ー

紅茶ファンブログ【あっさむ】は、にほんブログ村のランキングに参加しています。

応援のためポチっとしてもらえると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました