簡単!ドライフルーツティーの作り方

【レモンティーの入れ方】レモンティーに合う紅茶の茶葉も紹介!

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、レモンティーの入れ方を紹介しています。 紅茶の入れ方
【PR】当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

「美味しいレモンティーが、自宅でも飲めたら嬉しいな」と思ったことはありませんか?

レモンティーは苦みやえぐみが出ることがあるので、おうちでいれるのは少し難しいですよね。

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、本格的な美味しいレモンティーのいれ方を紹介します。

レモンティーに合う紅茶の茶葉についても、3種類ピックアップするのでぜひご覧ください。

紅茶の入れ方:【レモンティーの作り方】

気分をリフレッシュしたいときに飲みたくなるのが、スッキリとした味わいのレモンティー

特に湿気でムシムシする時は、柑橘のレモンの爽やかさが身体に染みますよね。

【あっさむ】では美味しいレモンティーのいれ方を、5つの手順に沿って説明していきます。

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、レモンティーの入れ方を5ステップで解説しています。
美味しいレモンティーのいれ方
  1. ティーポットとカップを温める
  2. 茶葉の量を計る
  3. 蒸らし時間を守る
  4. ティーカップに紅茶を注ぐ
  5. レモンを紅茶に浮かべる

①ティーポットとカップを温める

レモンティーをいれる際には、まずティーポットとティーカップを用意します。

美味しい紅茶をいれるコツは、抽出時の温度を下げないことが重要。

だからこそ準備の段階で、ティーポットなどの茶器をしっかりと温めておきましょう。

レモンティーを入れるときは、事前にティーカップを温めておくことが大切。

紅茶を美味しくいれるルールが知りたい方は、「美味しい紅茶をいれるコツ!共通の【ゴールデンルール】とは?」をご覧ください。

meowbow
meowbow

【美味しく入れるコツ】

先にレモンを輪切りにスライスしておくと、後からの作業が楽になります。

②茶葉の量を計る

次は紅茶の茶葉を、ティースプーンやティーメジャーを使って計量します。

1人前の紅茶をいれるときは、ティースプーン1杯(約3g)が目安です。

紅茶1人前は、茶葉3g=ティースプーン1杯分が目安となる。

適量はパッケージに書いてあることが多いため、茶葉によって量を調整してくださいね。

③蒸らし時間を守る

計量した茶葉をティーポットに入れてお湯を注いだら、すぐにポットのフタをしましょう。

フタをして蒸らすと茶葉が開くので、紅茶本来の美味しさを引き出すことができますよ。

蒸らし時間は砂時計を使って、しっかりと計ろう!

蒸らし時間は砂時計やキッチンタイマーを使って、2~3分間を目安にすればOK。

④ティーカップに紅茶を注ぐ

しっかりと蒸らし時間が経過したら、ティーカップに紅茶を注いでいきます。

紅茶はたっぷり入っている方が美味しそうに見えるので、8分目を目安に入れると良いです。

温かい紅茶とレモンの輪切り

「ゴールデンドロップ」という最後の一滴までいれると、味わいがより深まります。

⑤レモンを紅茶に浮かべる

最後にレモンティーの主役である、「輪切りのレモン」を紅茶の上に浮かべます。

上記の5ステップを経て、爽やかで美味しそうなレモンティーが完成しました。

レモンを浮かべて、完成した美味しそうなレモンティー

紅茶に使うレモンの扱い方:2つのコツ!

レモンティーを美味しく飲むためには、ちょっとした2つのコツがあります。

ホットティーとアイスティーの場合で、注意するポイントが異なるのでそれぞれ説明します。

ホットレモンティーの場合

ホットレモンティーの場合は、レモンを取り出すタイミングが重要です。

カップにレモンを浮かべて2~3回くぐらしたら、すぐに取り出せばOK!

ホットレモンティーは、レモンを浮かべたらすぐに取り出すことが大事。

あまり長く浸してしまうと、苦みやえぐみがでてくるため注意しましょう。

アイスレモンティーの場合

アイスティーの場合は、グラスにレモンを飾るとオシャレに見えますよね。

その際はレモンの切れ目を、下記の画像のように直角にいれることが上手く飾るコツです。

レモンをカットする時のコツ:直角に切れ目を入れると良い

レモンの筋に合わせてカットすると、うまく立たせることができないので注意が必要。

レモンティーに合う紅茶の茶葉とは?

レモンティーを入れる際には、どのような紅茶の茶葉を使うのがよいのでしょうか。

レモンティーには、あまり個性が強くないバランスの取れた茶葉が合います。

紅茶アドバイザーのmeowbowとしては、以下の3種類の品種がオススメですよ。

レモンティーに合う紅茶
  1. ニルギリ
  2. ディンブラ
  3. キャンディ

①ニルギリ

ニルギリ」は、インドの南部にある「ニルギリ高原」で採れる紅茶

リンゴのような果実の香りが特徴で、クセが少ないので飲み方を選ばす楽しめます。

レモンの酸味と紅茶のほどよい渋みがマッチする、絶妙な組み合わせです。

ニルギリのホットティーは、レモンティーに合う紅茶

②ディンブラ

ディンブラ」は、スリランカセイロンの高地で採れる飲みやすい紅茶です。

レモンを加えても水色(紅茶の抽出色)が変わりにくいので、レモンティーに向いています。

渋みや香りのバランスがよく、”オールマイティーな紅茶”としても親しまれていますよ。

③キャンディ

キャンディ」はスリランカで採れる、マイルドで飲みやすい紅茶です。

ブレンドティーとして飲まれることが多く、さまざまな組み合わせを楽しめます。

レモンティーを作る際にはレモンの香りを邪魔しないので、オススメの品種ですよー。

セイロンティーのキャンディ茶葉も、レモンティーに合う紅茶の1つ。

またディンブラやキャンディの特徴は、「セイロンティーとは?スリランカで採れる紅茶の総称!5種類紹介」でも詳しく解説しています。

まとめ:美味しいレモンティーを飲んで、気分を爽やかにリフレッシュ!

【あっさむ】では、本格的なレモンティーの入れ方とレモンティーに合う紅茶を紹介しました。

レモンの扱い方はホットとアイスでコツが異なるので、知っておくと役に立ちますよ。

気分転換やリフレッシュしたいときこそ、爽やかな香りのレモンティーがオススメです。

ぜひあなたのおうちでも、気軽に作ってみてくださいね。

他の紅茶のいれ方については、「【紅茶の入れ方】ストレートやミルク、レモンなど5種類を紹介!」にまとめています。

【人気記事一覧】 ー紅茶の入れ方ー

紅茶ファンブログ【あっさむ】は、にほんブログ村のランキングに参加しています。

応援のためポチっとしてもらえると、とってもうれしいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました