簡単!ドライフルーツティーの作り方

ディルマ(Dilmah)の紅茶!ワッテシリーズ4種類の評判とは?

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、ディルマの紅茶を紹介しています。ワッテシリーズは紅茶専門店ならではの高品質な紅茶がティーバッグで手軽に楽しめます。 オススメの紅茶
【PR】当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

「ディルマ(Dilmah)の紅茶は、どんな味や香りがするのかな」と思っている方はいませんか?

meowbowも以前から気になっていた紅茶店なので、商品の詳細や評判が気になっていました。

ディルマは世界100カ国以上で愛飲される、スリランカで初めて誕生した紅茶ブランドです。

画像:ディルマ公式HPより引用

【あっさむ】では、ディルマの「ワッテ(WATTE)シリーズ」から4種類の紅茶をレビューします。

新鮮なスリランカ産の茶葉(セイロンティー)を使った、紅茶の魅力に迫っていきましょう。

ディルマの紅茶:ワッテシリーズ4種類を紹介

ディルマ(Dilmah)の紅茶「ワッテシリーズ」、4種類のラインナップはこちら。

ディルマの紅茶ワッテシリーズには、4種類の紅茶がある。
Photo By Amazon
ディルマの紅茶「ワッテシリーズ」
  1. ラン・ワッテ(産地:ヌワラエリア)
  2. ウダ・ワッテ(産地:ディンブラ)
  3. メダ・ワッテ(産地:キャンディ)
  4. ヤタ・ワッテ(産地:ルフナ)

ディルマの紅茶:ワッテシリーズ4種類の特徴

ディルマの紅茶「ワッテシリーズ」には、スリランカ産の厳選された茶葉が使われています。

紅茶専門店だからこそ、ティーバッグで美味しい本格的な紅茶を味わえるところが素敵です。

ディルマの紅茶ワッテシリーズは、新鮮なスリランカの茶葉を使っているところが素敵。

4種類あるワッテシリーズの紅茶は、それぞれ茶葉の産地が違うので特徴も大きく異なります。

それでは各商品ごとに味や香り、オススメの飲み方について詳しく紹介していきましょう。

①ラン・ワッテ(RAN WATTE)

まず紹介するのは、スリランカ高地の茶葉を使った「ラン・ワッテ(RAN WATTE)」です。

標高1800m以上のヌワラエリアという地域で育った茶葉は、薄い水色と上品な香りが魅力。

飲み方はそのままの味や香りを楽しめる、「ホットストレートティー」がオススメです。

品名ラン・ワッテ
茶葉の産地スリランカ(ヌワラエリア
内容量ティーバッグ1袋:2g
熱湯180ml~200ml
抽出時間3分
オススメの飲み方ストレートティー

②ウダ・ワッテ(UDA WATTE)

続いて紹介するのは、ディンブラの茶葉を使った「ウダ・ワッテ(UDA WATTE)」

ディンブラは標高1200m以上の高地で育った紅茶で、日本でも大変人気がある品種です。

ディルマの紅茶「ウダ・ワッテ」は、ディンブラ茶葉だからミルクティーやレモンティーで楽しめる。

渋みが少なく味わいがしっかりとしているため、飲みやすくアレンジ紅茶にも重宝します。

蒸らし時間はストレートティーなら3分程度、ミルクティーなら5分程度がちょうど良いです。

品名ウダ・ワッテ
茶葉の産地スリランカ(ディンブラ
内容量ティーバッグ1袋:2g
熱湯180ml~200ml
抽出時間3~5分
オススメの飲み方ストレートティー/ミルクティー

ディンブラの特徴は、「オールマイティーな紅茶といえば!?セイロンティーの「ディンブラ」がオススメ!」にて解説しています。

③メダ・ワッテ(MEDA WATTE)

3つ目に紹介するのは、キャンディ茶葉を使った「メダ・ワッテ(MEDA WATTE)」

キャンディ紅茶はブレンドティーに使われることが多いため、単品で味わう機会は貴重です。

ディルマの紅茶「メダ・ワッテ」には、スリランカ産のキャンディ茶葉を使用しています。

紅茶の温度が冷めても白濁りしにくいので、アイスティーティーソーダに向いています。

クセがなく飲みやすい紅茶だからこそ、レモンを浮かべてレモンティーを入れても美味しい。

品名メダ・ワッテ
茶葉の産地スリランカ(キャンディ
内容量ティーバッグ1袋:2g
熱湯180ml~200ml
抽出時間3~5分
オススメの飲み方アイスティー/レモンティー

④ヤタ・ワッテ(YATA WATTE)

4つ目に紹介するのは、ルフナの茶葉を使った「ヤタ・ワッテ(YATA WATTE)」

赤褐色の水色としっかりした風味があるため、ミルクティーで飲むとまろやさが楽しめます。

標高300m前後の低地ローグロウンティーに区分されており、甘みとコクのある味わいが特徴です。

品名ヤタ・ワッテ
茶葉の産地スリランカ(ルフナ
内容量ティーバッグ1袋:2g
熱湯180ml~200ml
抽出時間5分
オススメの飲み方ミルクティー

ルフナについては、「セイロンティーの「ルフナ」ってどんな紅茶?さっぱり味でミルクティーに最適!」にて解説しています。

ディルマの紅茶:ワッテシリーズは三角型のティーバッグが魅力!

「ワッテシリーズのティーバッグは、どんな形をしているの?」と思う方もいますよね。

ディルマの紅茶”ワッテシリーズ”には、立体的な三角型のティーバッグが採用されています。

ディルマの紅茶「ワッテシリーズ」は、三角型のティーバッグを採用。茶葉が広がりやすく、美味しい紅茶が味わえる。
Photo By Amazon

だからこそジャンピング(茶葉の上下運動)がしやすく、おうちで美味しい紅茶が入りますよ。

茶葉を蒸らした後はティーカップから引き上げるだけなので、後片付けも楽々!

ティーバッグ紅茶の入れ方は、「ティーバッグの紅茶を美味しく入れる方法!5ステップで解説!」をどうぞ。

ディルマの紅茶:ワッテシリーズでオススメの商品2選!

ディルマの紅茶「ワッテシリーズ」の中から、meowbowオススメの商品を2つ紹介します。

ディルマの紅茶:オススメ商品
  1. Dilmah(ディルマ) ラン・ワッテ ティーバッグ 40g
  2. Dilmah(ディルマ) ウダ・ワッテ ティーバッグ 40g

①Dilmah(ディルマ) ラン・ワッテ ティーバッグ 40g

ワッテシリーズの中で私が気に入っているのは、爽やかな香りの「ラン・ワッテ」です。

ヌワラエリア限定の茶葉を使っているため、「さすが紅茶専門店!」と思うような品質の高さが魅力。

緑茶に似た味わいなので、ようかんやおまんじゅうなどの和菓子によく合います。

②Dilmah(ディルマ) ウダ・ワッテ ティーバッグ 40g

初めてディルマのワッテシリーズを購入する方には、「ウダワッテ」もオススメです。

ミルクやレモンを入れても楽しめるオールマイティーな紅茶なので、飲み方を選ばない万能さがあります。

蒸らし時間の長さで味の濃淡を調節できるため、あなたの好きな飲み方を選んでくださいね。

まとめ:ディルマの紅茶「ワッテシリーズ」は、本格的なセイロンティーが手軽に楽しめる!

ディルマ(Dilmah)の紅茶「ワッテシリーズ」から、4種類の紅茶を紹介しました。

この中でmeowbowが気に入っている商品は、金色の茶園という意味の「ラン・ワッテ」です。

本格的なセイロンティーをティーバッグで楽しみたいと思っている方には、特にオススメですよ。

記事を読んで詳細が気になった方は、下記のリンクより商品や評判をチェックしてくださいね。

その他のオススメの紅茶は、「紅茶アドバイザーmeowbowがオススメする「紅茶ブランド」8選!」にて紹介しています。

【オススメの紅茶】

紅茶ファンブログ【あっさむ】は、にほんブログ村のランキングに参加しています。

応援のためポチっとしてもらえると、とってもうれしいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました