Amazonプライムデー!先行セール開催中!7/11(木)から

紅茶の蒸らし時間は何分?15種類の平均値は「2分18秒」に!

紅茶の入れ方
【PR】当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

「紅茶の蒸らし時間は、何分がちょうどいいのかな」と思ったことはありませんか?

紅茶のメーカーによって最適な茶葉の蒸らし時間が異なるため、迷うことも多いですよね。

そこで【あっさむ】では、15種類の紅茶からティーバッグの蒸らし時間を調査しました。

その結果平均値は「2分18秒」という結果になったので、詳しく説明していきます。

【結論】ティーバッグ紅茶の平均的な蒸らし時間は「2分18秒」!

まず15種類の紅茶から蒸らし時間を調べたところ、平均値は「2分18秒」になりました。

ティーバッグ紅茶の蒸らし時間を調べたところ、平均時間は「2分18秒」という結果になりました。

さらに蒸らし時間の合計は下記の通りで、紅茶の品種については後ほど紹介します。

  • 調べたティーバッグ紅茶の種類…15種類!
  • 蒸らし時間の合計は、「34.5分」
  • つまり、34.5÷15=2.3分(2分18秒)

蒸らし時間「1~1.5分」ティーバッグ紅茶7種類

それでは蒸らし時間が短い、「1~1.5分」のティーバッグの紅茶を7種類みていきましょう。

◇蒸らし時間「1~1.5分」◇

紅茶メーカー品名蒸らし時間
リプトンイエローラベル1分
日東紅茶デイリークラブ1.5分
トワイニングレディーグレイ1.5分
ティーアースダージリン1.5分
日東紅茶ミルクとけだすアールグレイ1.5分
ジュピターエンジェルジャスミン1.5分
不思議の国の紅茶アフタヌーンティー1.5分
抽出時間が1~2分の商品は、1.5分として計算

その結果スーパーやコンビニで売っている紅茶ほど、蒸らし時間が短いことがわかりました。

特に「リプトンイエローラベル」は最短の1分で紅茶が入るため、忙しいときにピッタリです。

1分台で抽出できる紅茶は、朝の忙しい時間に便利です。

またトワイニングの「レディーグレイ」も、1分30秒蒸らすだけなので急な来客時に便利。

そのため蒸らし時間が短い紅茶は、手軽に楽しみたい方にオススメですよー。

蒸らし時間「2~2.5分」ティーバッグ紅茶3種類

続いて蒸らし時間が2~2.5分のティーバッグ紅茶には、下記の3種類が該当しました。

◇蒸らし時間「2~2.5分」◇

紅茶メーカー品名蒸らし時間
ティーブティックレッドアップルティー2分
第三世界ショップアールグレイ2分
ジャンナッツプロヴァンス ピーチ2.5分
抽出時間が2~3分の商品は、2.5分で計算

まず商品の傾向を見ると、カルディや雑貨店で購入したものが多くなりました。

特にカルディで買ったジャンナッツ紅茶は、2分30秒で美味しい紅茶が入るので便利です。

パッケージが可愛く見栄えがするため、プレゼントや自分のご褒美にもオススメ。

カルディのジャンナッツ紅茶プロヴァンスは、フルーティな香りで美味しい!

詳しくは「カルディのJanat紅茶【プロヴァンスシリーズ】4種類をレビュー!」をご覧ください。

蒸らし時間「3分以上」ティーバッグ紅茶5種類

さらに蒸らし時間が3分以上のティーバッグ紅茶には、下記の5種類が入りました。

◇蒸らし時間「3分以上」◇

紅茶メーカー品名蒸らし時間
ウェッジウッドイングリッシュブレックファスト3分
アーマッドティーデカフェ フルーツセレクション3分
カレルチャペックロイヤルアップル3分
ウェッジウッドピクニック4分
マリアージュフレールマルコポーロ5分
抽出時間が3~5分の商品は、4分で計算

マリアージュフレールやウェッジウッドなど、百貨店の高級紅茶メーカーの商品が目立ちます。

その結果ティーバッグの紅茶は、値段が高いほど蒸らし時間が長くなることがわかりました。

meowbow自身も初めてマリアージュフレールの「マルコポーロ」を飲んだときは、「ティーバッグの紅茶で蒸らし時間5分!?」と驚いたのをよく覚えています。

Q.なぜ商品によって茶葉の蒸らし時間が変わるの?

「なぜ商品によって、茶葉の蒸らし時間が変わるの?」と思う方もいますよね。

その理由は、ティーバッグの梱包素材や茶葉の大きさに違いがあるためです。

例えば茶葉が大きいと蒸らし時間は長く、逆に小さいと蒸らし時間は短くなります。

紅茶の茶葉の大きさや等級は、「オレンジペコ(OP)」という基準を使って示します。

詳しくは「紅茶の”オレンジペコ”ってどんな意味?茶葉の等級を示す用語」をご覧ください。

Q.ティーバッグ紅茶の蒸らし時間を間違えたときの対処法は?

また急いでいるときこそ、紅茶の蒸らし時間を間違えてしまうこともありますよね。

そこで【あっさむ】では、そんなときに役立つ対処法を2パターン紹介します。

蒸らす時間を間違えたときの対処法を2つ紹介します。

対処法①紅茶の味が薄すぎる

まず茶葉の蒸らし時間が短いと、味が薄くと感じる原因になります。

そんなときは一度取り出したティーバッグを、カップにもう一度浮かべてみましょう。

引き上げるときに、”ゴールデンドロップ”という最後の一滴までいれることも大切。

ティーバッグの紅茶を美味しく入れるコツは、「ティーバッグ紅茶の美味しい入れ方!2種類の方法をやさしく解説」でも紹介しています。

対処法②紅茶の味が濃すぎる

逆に蒸らし時間を長くしすぎると、味が濃くなることがあります。

そんなときはティーカップに差し湯をして、味を調整するのがオススメですよ。

紅茶が濃くなったときは、お湯を足すのが良いですよ。

まとめ:ティーバッグ紅茶の蒸らし時間は「2分18秒」を目安に!

【あっさむ】では、ティーバッグ紅茶の蒸らし時間を15種類の商品から調べました。

その結果平均時間は「2分18秒」となり、一般的な目安となる3分よりも短いことが判明。

このことからティーバッグで紅茶を入れるときは、2分がちょうど良い濃さになりそうです。

またパッケージやタグに時間が表記してあることも多いので、注目してみてくださいね。

ティーバッグ紅茶の入れ方は「ティーバッグ紅茶の美味しい入れ方!2種類の方法をやさしく解説」をご覧ください。

【人気記事一覧】 ー紅茶の入れ方ー

紅茶ファンブログ【あっさむ】は、にほんブログ村のランキングに参加しています。

応援のためポチっとしてもらえると、とってもうれしいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました