簡単!ドライフルーツティーの作り方

紅茶の”オレンジペコ”ってどんな意味?茶葉の等級を示す用語

紅茶のオレンジペコは、チャノキの先端から2番目の葉のこと。【あっさむ】では、オレンジペコについて詳しく解説しています。 紅茶の入れ方
【PR】当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

”オレンジペコ”と聞くと、「柑橘の香りがする紅茶なのでは?」と思う方も多いですよね。

しかし実はオレンジペコとは、茶葉の等級(グレード)を区分するための紅茶用語なのです。

meowbowも紅茶について学ぶ前は、オレンジ風味の紅茶だと勘違いしていました。

オレンジペコは茶葉の大きさに合わせて3種類に区分されるので、その違いをみていきましょう。

紅茶のオレンジペコとは?

紅茶の「オレンジペコ(Orange Pekoe)」とは、茶葉の等級を示すために使う用語です。

紅茶の原料は「チャノキ」というツバキ科の植物で、学名をカメリア・シネンシスといいます。

こちらの茶葉を摘み取る際に、先端から2番目の葉を「オレンジペコ」として区分します。

チャノキの先端から2番目の葉を「オレンジペコ」という。

等級(=グレード)といっても優劣ではなく、位置によって名前が決まるのが面白いですよね。

また国際的な統一基準があるわけではないので、国や産地により多少の違いが発生します。

次の章では、細かく分けると3種類ある「オレンジペコ」の魅力に迫っていきましょう。

紅茶のオレンジペコには3種類ある!

紅茶の「オレンジペコ」は茶葉の大きさや形によって、下記の3種類に分けられます。

オレンジペコは茶葉の大きさに応じて、OP/BOP/BOPFの3種類に分けられる。
紅茶のオレンジペコ:3種類
  1. オレンジペコ(OP)
  2. ブロークン・オレンジペコ(BOP)
  3. ブロークン・オレンジペコ・ファニングス(BOPF)

オレンジペコ(OP:Orange Pekoe)

まず「オレンジペコ」とは、チャノキの先端から2番目に採れる葉っぱのことをいいます。

茶葉の形は大きく針状で長さがあり、独自の強い香りを持っていることが特徴的です。

オレンジペコは1番大きな葉で、香りの強さが特徴的。リーフティーに使われることが多い。

”フルリーフ”といわれる立派な茶葉なので、一般的にはリーフティーに使われることが多いです。

紅茶の品種はインドのダージリンアッサムの一部、スリランカのローグロウンティーが該当します。

ブロークン・オレンジペコ(BOP:Broken Orange Pekoe)

「ブロークン・オレンジペコ」とは、オレンジペコを2~3ミリ程度にカットした茶葉のこと

味や風味が濃くしっかりとしているため、リーフティーやティーバッグ用に重宝されています。

最も需要がある等級なので、「BOPなら聞いたことがある!」と思われた方もいますよね。

特にスリランカ産の紅茶を意味するセイロンティーに、用いられることが多いスタイルです。

ブロークン・オレンジペコ・ファニングス(BOPF:Broken Orange Pekoe Fannings)

「ブロークン・オレンジペコ・ファニングス」は、BOPをさらに細かく砕いた茶葉をいいます。

茶葉が小さく短時間で紅茶が抽出できるので、高級なブレンドティーとして広く利用されます。

ブロークンオレンジペコファニングス(BOPF)は、細かい茶葉になったオレンジペコ。チャイやティーバッグ用に最適。

名前が長いので商品パッケージには、”BOPF”と英語の頭文字を取って書かれることがほとんど。

さらに小さな茶葉のサイズを「ダスト(Dust)」と呼び、チャイなどの煮込み用に使われます。

紅茶のオレンジペコの保存方法

せっかく高品質なオレンジペコを手に入れたら、茶葉の保存方法も知りたくなりますよね。

そこで【あっさむ】では、覚えておくと役立つ「3つのポイント」を紹介します。

紅茶の保存方法【3つのポイント】
  1. 常温で保存する
  2. 光を通さない密閉容器に入れる
  3. 賞味期限内に飲みきる

紅茶の茶葉は冷蔵庫に入れる必要はなく、常温で保存することが可能です。

また光と湿気が茶葉の劣化につながるため、光を通さない密閉容器に入れることがオススメ。

「キャニスター」という紅茶の缶に入れて、風通しの良い食器棚に置くのがベストですよ。

紅茶の茶葉の保存は、キャニスター缶に入れて風通しの良いところにおくことがベスト。

また紅茶の適切な保存期間は、下記の通りとなります。

  • ティーバッグ(紙製)…2年
  • 缶入りの商品…3年

特に開封した後は品質が変わりやすいので、早めに飲みきってくださいね。

その他にもある紅茶に関する知識のポイントは、○×クイズ形式にて紹介しています。

まとめ:紅茶のオレンジペコ(OP)は、茶葉の等級を示すための用語!

紅茶ファンブログ【あっさむ】では、「オレンジペコ(OP)」について詳しく紹介しました。

オレンジペコとはオレンジ風味の紅茶ではなく、先端から2番目の葉っぱという意味なのです。

葉の大きさや形状によって、OP・BOP・BOPFという3種類に区分されることも興味深いですよね。

これらの違いを知っておくと紅茶の等級がわかるため、商品選びが楽しくなりますよー。

紅茶の種類は、「紅茶の種類とは?茶葉の名前やオススメの飲み方を詳しく紹介!」をご覧ください。

【人気記事一覧】 ー紅茶の入れ方ー

紅茶ファンブログ【あっさむ】は、にほんブログ村のランキングに参加しています。

応援のためポチっとしてもらえると、とってもうれしいです。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました